メンテナンスは大丈夫?ウォーターサーバー

業者に任せるだけではダメ!セルフケアの大切さ

水道水では不安、飲みたいときにすぐに天然水が飲める、お湯もすぐ出るので赤ちゃんのミルクにも楽!と簡単で快適に生活を送るお助け役の、ウォーターサーバーを導入した方も多いですが、使用するだけでメンテナンスなんて業者の人がしてくれる時だけという方も、実はいるでしょう。しかし、実は使用するたびに雑菌が繁殖してしまう恐れがあるのです。 最も気をつけたい部分がボトルの周りに繁殖してしまうカビです。どんなにサーバーメンテナンスをしていても、ボトル交換の際などどうしても外気に触れてしまう部分でもあります。そのため、雑菌が繁殖しやすい環境におかれているのです。その水を飲用していては、せっかくの天然水もカビだらけとなってしまいます。ボトルの交換時に、しっかり清潔な布巾などで乾拭きし、仕上げにアルコール除菌をすれば、まず心配がなくなります。こまめなセルフケアが家族の安全を守ってくれるのです。

清潔な水だからと掃除を怠ってはいけません

また、使用するたびに水の通り口となる蛇口も要注意部分となっているのです。見落としがちですが、清潔な水といえど雑菌が繁殖しやすいのは、間違いのない事なのです。雑菌が繁殖し、水アカになってしまうことも考えられます。 こちらは毎日とはいいませんが、気になったら必ず清潔な布巾などで蛇口のすみずみまで掃除しましょう。乾拭きよりは、少し湿った程度の方が効果的です。日頃溜まっている汚れの部分をしっかりと、取り除いてから、やはり除菌用のアルコールできちんと拭き取ることで、より効果が期待できます。掃除のしずらい、蛇口の内側部分は細めのスポンジや、綿棒など中まで掃除の出来るものを選び、念入りに拭き取ることが大切といえます。毎日使用するからこそ、必ずカビなどの雑菌が繁殖してしまうので、チェックとケアは忘れずにしましょう。